文字サイズ
ホーム > 企業の社会的責任(CSR) > 千のトイレプロジェクト

イベント活動報告

2016.07.31

千のトイレプロジェクト

開催期間:2016年 05月 16日 〜 2016年 07月 31日

私たちツルハグループでは2016年5月16日~2016年7月31日期間「ツルハグループ/nepia 千のトイレプロジェクト応援キャンペーン」を実施致しました。店頭にあるnepia対象商品を購入すると商品売上の一部をユニセフに寄付するという内容です。
アジアの東ティモールを支援対象国としキャンペーン期間を定め、「千のトイレプロジェクト」を通じてユニセフが現地で実施している、家庭でのトイレづくりなどのプロジェクトを支援しました。その結果、命を落とす子どもたちが減少し衛生環境は改善されてきています。私たち、ツルハグループ(ツルハドラッグ/くすりの福太郎/ウオンツ/ドラッグストアウエルネス)から総額9,000,000円をユニセフに寄付しネピア千のトイレプロジェクトを応援しました。この寄付によって東ティモールの子どもたちと家族に、トイレのある衛生的な暮らしを提案・支援することが出来ました。
皆さまよりいただいたご意見がたくさん寄せられました。
一部をご紹介させていただきます。
----------------------------------------------------
日々日頃から社会貢献できるきっかけがあるというのはいいことですね。トイレプロジェクトの活動趣旨もわかったし、身近なツルハでやってるというもの親身に感じます。
---------------------------------------------------
普段利用しているツルハドラッグがこの様な活動をしている事を知り嬉しくなりました。これからもツルハドラッグを利用したいと思います。
----------------------------------------------------
いつもツルハを利用させていただいてますが、このような取り組みをしてるとは知りませんでした。
でも、このアンケートで知り、ますますツルハが好きになりました。これからも、応援したいです。
----------------------------------------------------
ツルハドラッグはよく行くお店なので、商品購入が活動につながるのであれば、うれしいことだと思います。
----------------------------------------------------
とても共感できる取り組みで、ツルハドラッグさんの店頭にぜひ足を運びたいと思いました。
----------------------------------------------------
たくさんのご意見、ありがとうございました。

これからも、私たちツルハグループは「nepia千のトイレプロジェクト」を応援していきます!
このページのトップへ