文字サイズ
ホーム > 株主・投資家の皆様へ > IRポリシー・免責について

IRポリシー・免責について

  1. 情報の開示の基準

    当社は、証券取引法および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)に沿って、特定の個人・機関に情報が集中しないように適時かつ公平な企業情報の開示に努めます。また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、投資家の皆様のご要望にお応えするため、より正確・公平・迅速な情報開示を積極的に行ってまいります。
  2. 情報開示の方法

    当社が公表する情報は、TDnet(Timely Disclosure network:適時開示情報伝達システム)への登録、記者クラブを通じた報道機関への公表および当社ホームページへの開示により、公平性確保に努めます。 当社ホームページ上で当社の情報を閲覧されたい投資家の皆様のために、TDnetへの登録後できるだけ速やかに当該情報を当ウェブサイトに掲載しておりますが、PDFファイルその他ツールの準備等の都合上、これら情報の当社ホームページへの掲載が、TDnetにおける公開時期より大きく遅れることもあるため、当ウェブサイトにおける情報開示は、補完的なものとして位置づけております。
  3. 業績予想および将来予測に関する事項

    当社が発表する業績予想や決算説明会で配布される資料中の将来予測に関する事項は現時点で入手可能な情報から得られた判断に基づいて作成しており、実際の業績は様々なリスクや不確定要素により大きく異なる可能性がございます。
  4. IRの自粛期間

    当社は、決算発表資料準備期間中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐために、IR自粛期間を設けており、各四半期決算期日の翌日から決算発表日までをIR自粛期間といたします。この期間中は、当社の役員および社員は、特定の投資家もしくは媒体に対して、当該決算情報に関連するコメントや事業見通し・実績・計画などの質問への回答および個別ミーティング、会社説明会等の実施を控えさせていただきます。但し、既に公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては対応いたします。
    なお、予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い、プレスリリースにより適宜情報開示を行うこととしております。
  5. ホームページの位置づけ

    当社は、このIRポリシーを当社グループ全体に浸透、徹底させてまいります。また、投資家や株主の皆様からのお問い合わせにつきましては、全てIR担当部門が対応させていただきます。
    当ホームページ上での当社情報の閲覧にあたりましては、本IRポリシーのみではなく、別途掲載している免責事項その他注意事項も合わせてご参照下さい。また、当ホームページは投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は、利用者ご自身の責任とご判断において行われるようお願いいたします。
このページのトップへ